健康保険の給付の種類について

健康保険の給付にはさまざまな種類があり、いずれも法令によって定められています。
まず、もっともよく知られているのは療養の給付です。
これはけがや病気などで保険医療機関を受診した時に受けられるもので、保険証を提示することで現物給付のかたちで給付されます。
その際、保険証を持参しなかった等の理由で現物給付を受けられなかった時は、療養費という現金給付にて後日払い戻しを受けることができます。
また保険診療の1か月の自己負担額が一定の額を超えた時も、その超えた分が現金給付として払い戻されます。
これを高額療養費といいます。
その他の現金給付には、被保険者または被扶養者が出産した時に支給される出産育児一時金、死亡した時に支給される埋葬料、被保険者が病気療養等のため給料を受けられない時に支給される傷病手当金、産前産後のために給料を受けられない時に支給される出産手当金などがあります。